« お釈迦さまのカウンセリングNo5 仏教における人間観 【一切皆苦】 | トップページ | 時間はすべての人に平等に与えられている »

2012年8月23日 (木)

お釈迦さまのカウンセリング No6 【心とは】

 【心とは】                           お釈迦さまのカウンセリング No6
**********************************************************************
          心は、捉え難く、軽々とざわめき、欲するがままにおもむく。
          その心をおさめることは善いことである。
          心をおさめたならば、安楽をもたらす。
**********************************************************************
                                            法句経 第35偈

「こころ」とは一体なんでしょうか。「心」という漢字はもともと心臓を象形したものです。
古代中国人は心臓で精神作用が営まれていると考えました。知識・感情・意志の
いわゆる知・情・意をつかさどるものとしたわけです。最近では脳科学の発達から、
脳が知・情・意を生み出しコントロールしていると考えられていまが、内臓や皮膚も
かかわっているという説もあり、はっきりとはしていない部分も多いようです。

いずれにしても、法句経第35偈にあるように、心とは勝手に動き回りコントロールの
難しいものです。修行とは心をコントロールすることができるようになることとしても
いいように思います。

フロイトは、心が「自我」「超自我」「エス」の3つの構造からなっていると考えました。
「自我」とは、私のコントロール・タワーです。「超自我」とは、親の教育などによって
形成された価値判断です。「エス」とは本能的エネルギーです。自動車の運転に
たとえると、「自我」は運転者、「超自我」はブレーキ、「エス」はアクセルにあたります。

江戸時代初期の至道無難禅師が面白い歌を作っています。
 心こそ 心迷わす 心なれ 心に心 心許すな
最初の心はフロイトのいう「エス」です。二番目の心は「自我」だと思います。
どんな人にもジギルとハイドのように心には葛藤する人格が存在すると考えて
おくことが、人間理解の前提になるような気がします。

« お釈迦さまのカウンセリングNo5 仏教における人間観 【一切皆苦】 | トップページ | 時間はすべての人に平等に与えられている »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お釈迦さまのカウンセリング No6 【心とは】:

« お釈迦さまのカウンセリングNo5 仏教における人間観 【一切皆苦】 | トップページ | 時間はすべての人に平等に与えられている »