« お釈迦さまのカウンセリングNo4 仏教における人間観 【諸法無我】 | トップページ | お釈迦さまのカウンセリング No6 【心とは】 »

2012年8月19日 (日)

お釈迦さまのカウンセリングNo5 仏教における人間観 【一切皆苦】

仏教における人間観 【一切皆苦】
                                           お釈迦さまのカウンセリングNo5
********************************************************************************
       一切の形成されたものは苦しみであると明らかな智慧をもって観るときに、
       ひとは苦しみから遠ざかり離れる。これこそ人が清らかになる道である。
********************************************************************************
                                                   法句経 第278偈


「四苦八苦」という言葉がありますが、これはもともと仏教の言葉です。「四苦」とは、生・老・病・死、
すなわち、生まれて、老いて、病気になり、死ぬ、四つの苦しみをいいます。生・老・病・死に「愛別離苦
(あいべつりく)」 「怨憎会苦(おんぞうえく)」 「求不得苦(ぐふとっく)」 「五蘊盛苦(ごうんじょうく)」を
加えて八苦といいます。

「愛別離苦」とは愛する人と別れる苦しみです。
「怨憎会苦」とは、いやな人、嫌いな人とも会わなければならない苦しみをいいます。
いやな上司であれば、毎日毎日「怨憎会苦」の苦しみを味わうことになります。
「求不得苦」とは、お金や物、地位や名誉など求めるものが手に入らない苦しみです。
「五蘊盛苦」の五蘊は、人間を肉体と四つの精神作用(感受作用、表象作用、心的形成作用、認識作用)
で捉えたものです。五蘊がうまく和合しているときはいいのですが、五蘊仮和合の実体ですから、
生きるエネルギーはどこかで不調和を生じ苦しみの原因になります。身心を思うようにコントロール
できない苦しみです。

お釈迦さまのいう「苦しみ」とは、「思い通りにならないこと」という意味です。
「一切のことは思い通りにならないものだ」と思っていれば、悩むことは少なくなります。
ただ「思い通りにならないものだから、努力することも意味がない」とすねてしまうのは、
お釈迦さまの教えとは反します。お釈迦さまは、不放逸(ふほういつ)ということをとても大切にされました。
怠けないということです。
怠けないで努力し、それが結果に結びつけば、「ありがたいことだ」と感謝することです。
えてしていい結果が出ると人は傲慢になります。つつしんでいきたいものです。

« お釈迦さまのカウンセリングNo4 仏教における人間観 【諸法無我】 | トップページ | お釈迦さまのカウンセリング No6 【心とは】 »

お釈迦さまのカウンセリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« お釈迦さまのカウンセリングNo4 仏教における人間観 【諸法無我】 | トップページ | お釈迦さまのカウンセリング No6 【心とは】 »