« 自己をはこびて万法を修証するを迷いとす、万法すすみて自己を修証するはさとりなり。 (正法眼蔵 現成公案) | トップページ | 時もし去来の相を保任せば、われに有時の而今ある。これ有時なり。(有時) »

2010年7月25日 (日)

渾身(うんしん)の照見、五蘊(ごうん)皆空(かいくう)なり (正法眼蔵 摩訶般若波羅密)

仏教では、身心の作用を「五蘊」として理解します。「五蘊」とは、色・受・想・行・識の五つのことを言います。「色」は物質のことを表します。直接的には身体のことです。「受」は感受。外界の印象を受け入れることです。「想」は、表象作用。感受したものから心の中に生じるイメージです。「行」は意志。「識」は知識・認識です。受胎してからの情報のストックです。心の作用を、感じてイメージして、意志を加えて認識すると分析したわけです。
「空」とは自性はないということ。固定的実体はなく、すべては関係性の中で変化し続けているということです。
「五蘊皆空」ですから、人間の身心の作用は関係性の中で変化し続けているということになります。」
「渾身」とは全身をもってということ。「照見」とは、照らし見た、直感的に悟ったということです。
「渾身の照見、五蘊皆空なり」は、人間の身心の作用は関係性の中で変化し続けているということを全身で直感的に悟ったということになります。

カウンセリングにおける認知療法や論理療法では、出来事に対してダイレクトに感情が生じるのではなく、その間に認知が関与しているとします。同じ出来事に対しても人によって生じてくる感情が違うのは、認知が違うからだとしています。同じ出来事に対してもショックと感じる人もいれば、ラッキーと感じる人もいる。
心の作用を「受・想・行・識」と分析したのは、認知療法や論理療法の考え方にとてもよく似ています。「心の作用は空(固定的なものではなく、関係性の中で変化し続けている)なのだよ」とお釈迦さまは2500年も前に言っているのです。
「五蘊皆空」がお腹の中にしっかりと坐っていれば、悩む必要もなくなってくるのかもしれません。

« 自己をはこびて万法を修証するを迷いとす、万法すすみて自己を修証するはさとりなり。 (正法眼蔵 現成公案) | トップページ | 時もし去来の相を保任せば、われに有時の而今ある。これ有時なり。(有時) »

道元禅師」カテゴリの記事

コメント

五蘊の解釈がやや不鮮明な気がします。色は身体, 受は感覚器の作用, 想は感覚器によって脳内に惹起される感情などを伴った二次的な知覚, 行は想をおこさせる脳の仕組みの作用, 識は感覚情報によってこの感覚はなんであるかを識別する働きと解釈すると, 解剖, 生理学的知識と良く一致するのではないでしょうか。
このように解釈すると五蘊皆空は身体や身体からくる感覚は仮相のものであり, それは個人が作り出したものであり, 「永遠に存在する不変の実体」ではないという意味で「空」ということになります。永遠に存在しない証拠に感覚している人間が死ねばなくなります。
このように解釈すると五蘊皆空の意味が抽象的ではなく具体的にかつ現代の科学的知識と矛盾なく納得されるのではないでしょうか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 自己をはこびて万法を修証するを迷いとす、万法すすみて自己を修証するはさとりなり。 (正法眼蔵 現成公案) | トップページ | 時もし去来の相を保任せば、われに有時の而今ある。これ有時なり。(有時) »